サプライズギフト・プレゼント幸せ.com

サプライズギフト・プレゼント幸せ.comでは、誕生日・結婚・出産・定年・クリスマス・バレンタイン・ホワイトデー・父の日・母の日・入学卒業・還暦などの各種お祝い行事に贈って喜ばれる、サプライズギフトやプレゼントをご紹介しています。

観光地

宇野港2019瀬戸内国際芸術祭注目8作品!直島小豆島渡島前に!

投稿日:2019年1月19日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

2019年の今年は、春・夏・秋の3会期に分けて瀬戸内国際芸術祭が開催されます!宇野港もセトゲー作品の開催地の1つです。そこで開催前にチェックしておきたい注目の8作品をあなたにご紹介致します!
恐らく今年の開催に合わせて作品も今後増えて行く事が予想されます。)

ちなみに瀬戸内国際芸術祭の開催場所の瀬戸内の島々は、ニューヨーク・タイムズ誌が選ぶ「2019年に行くべき52カ所」の7位に「瀬戸内の島々」が選ばれています。さらにその中で、セトゲーについても紹介されました。

よって2010年から始まって今年で4回目を迎える瀬戸内国際芸術祭は、日本国内はもとより、アジアや、ヨーロッパや、アメリカからの外国人観光客が、より一層増えると予想されます。

スポンサーリンク

宇野港

宇野港は、岡山側から高松はもとより、小豆島・直島・豊島へと渡る本州側の港になります。
そして岡山駅から鉄道を使用して宇野港に行く場合の最終駅が、こちらの宇野駅です。
(今から30年前の瀬戸大橋が出来る前は、高松から岡山もしくは、京阪神や東京に行く場合は、宇高連絡船を使って宇野港で降りて、そのまま電車のホームと繋がっていたので、宇野線を使って岡山まで行っていた時代がありました。今は高松⇔岡山間は、瀬戸大橋線で50分ちょっとで結んでいますが、昔は高松港⇔宇野港[1時間]+宇野駅⇔岡山駅[1時間]の2時間かかっていました!)

そんな宇野港。瀬戸大橋が出来てから随分とさびれてしまった感も否めませんが、駅を降りて、横断歩道を渡って右に曲がれば、瀬戸内の島々に行く為のフェリー乗り場があります。

こちらがフェリー乗り場です。

よって瀬戸内国際芸術祭の島々に渡る前or渡った後に、宇野港周辺の作品を見て回るのもいいと思います。全てフェリー乗り場周辺or宇野駅周辺に作品が設置されているので、30分も有れば、あなたはすべて歩いて見る事が出来ますよ!

1.『宇野駅』

宇野港の駅舎はこんな感じで、白と黒にアート化されていて、駅を利用する人たちの目を引いています。

これは前回2016年の瀬戸内国際芸術祭の、

「JR宇野みなと線アートプロジェクト」によって、イタリア人アーティストのエステル・ストッカー氏によって実現されたものです。

駅構内はこんな感じです。

宇野から岡山駅へ行くには、途中の茶屋町で乗り換えなければいけませんが、約50分。バスで約1時間です。

ちなみにアートプロジェクトによって、宇野みなと線全8駅のうち宇野駅側の4駅(宇野駅、備前田井駅、八浜駅、常山駅)が、白と黒に駅舎がアート化されています。

電車で1駅ずつ降りて見るのは難しいので、車利用のあなたは、4駅全てを見て回られてみるのも素敵かなぁ?と思います。

2.『海の贈り物』

次に宇野駅を出ると真っ先に目を引くのがこちらのローターリーにあるオブジェ(海の贈り物)です。
船のマストの支柱には、クジラ、イルカ、アシカ、アザラシたちが大行進している姿が模られています。サーフボードに乗る人もいますねー!
さらに地面は、石やタイルで、岩や海をうまく表現されていました。

(ちなみに宇野駅から車orバスで約20分、海岸線に沿って児島方面に行けば、渋川海水浴場がありますが、海水浴場の隣には、渋川水族館もあります。そこには、アザラシとアシカが居ますよ!入場料は大人:500円、子供:250円で入る事が出来ます。宇野港周辺でアート作品を楽しまれた後に、行ってみてもです。)

3.『終点の先へ』

宇野駅の西側の広場にあるのが、小沢敦志氏の作品「終点の先へ」です。(放置自転車を見事に1つの芸術的な作品へと生まれ変わらせています。)
車輪の軸の部分や骨組みや泥除けの部分が、緑・赤・オレンジ・黒・水色にそれぞれペインティングされていて、骨組みの部分は何の模様かわかりませんが、泥除けの部分は、明らかにクジラをイメージしているのがすぐにわかりました!
実際に見る以外にも、レンタルする事も可能だそうです♪

4.『愛の女神像』

そして宇野駅から道を挟んだ南側にあるのが、宇野港第一緑地にあるシンボル像の「愛の女神像」です。

インドの彫刻家ドルヴァ・ミストリー氏が手掛けた作品です。愛・若さ・美を表現した作品です。
海門の入り口で、海辺や自然美に誘われて集まる人々を待つ、森の精をイメージして造られた作品です。

夜にはライトアップされるようなので、昼間とは違った愛の女神像を、あなたは見る事が出来ると思います♪
(女性裸体の彫刻作品は、本当に美しくて、素晴らしいものがありますよね?)

5.『船底の記憶①』

宇野駅横にあったカラフルな自転車「終点の先へ」の作家「小沢敦子氏」の作品『船底の記憶』です。
こちらは、愛の女神像と同じ宇野港第一緑地内にありました。

日本帝国海軍で使われたイカリ⚓に、不要になった各種の鉄製品を組み合わせた作品です。
(2013年の瀬戸内国際芸術祭に合わせて造られた作品です。)

海のイカリの付着物を、作品を通じて楽しむ事が出来る作品でした。
唯一不満だった点は、作品の前後に桜の木?が植えられていたので、非常に邪魔だった点です。よって写真が非常に撮り辛かったです!)

6.『船底の記憶②』

そして宇野港第一緑地から南に徒歩5分程歩いた宇野港第一突堤緑地にも、小沢敦志の同名タイトル『船底の記憶』の作品がありました。

こちらも2013年の瀬戸内国際芸術祭に合わせて製作された作品です。

こちらは一瞬UFOの形をしているオブジェかと思いきや、

実際はノルウェーの船に使用されていたスクリューに、不要になった各種の鉄製品を組み合わせた作品になっています。
コンセプトは、海の記憶と人の記憶。さらには世界の記憶と町の記憶を融合させた作品です。
(しかしスクリューに鉄製品を組み合わせる事で、こんな風な芸術的な作品になるとは、非常に面白い発想で作られた作品だと思います。こちらも廃材を利用しているエコな点が素晴らしいです。)

7.『宇野のチヌ』

そして同じく宇野港第一突堤緑地にあるのが宇野港の代表的なセトゲー作品の1つにもなっている『宇野のチヌ』です。2匹いました。いや2作品ありました!

宇野港周辺で獲れるチヌを題材にした作品です。

しかし単なるチヌのオブジェではなく、鱗の部分は、こんな風にポリタンクや台所用品で出来ていました。
(これらの材料は全て、宇野港や児島湖で拾い集めたゴミや、漂流物を使っているそうです。)

クロックスや熊のぷーさんまでも、鱗の材料になっていました。(本当に面白かったです。)ゴミがこんな風に芸術作品に生まれ変わる事が出来る事に私は、衝撃を覚えました!

そしてもう1匹のチヌも、鱗の部分が、海の漂流物から出来ていましたが、

こちらの尾びれの部分は、なんと傘で出来ていました。
(こちらも恐らく漂流物or駅構内の傘の忘れ物を集めて、作品の材料にしていると言った所でしょうか?)

さらに単なるアート作品にとどまらずこんな風に、

中は滑り台にもなっていました。

まさに子供さんが非常に喜びそうなアート作品でした!

8.『風の塔』

そして最後は宇野のチヌの作品のすぐ傍にあったのが風の塔です。

環境学習のステージを創出することを目的に導入された、宇野港第一突堤緑地にあるシンボルタワーです。

風車の部分の風力発電と、頂上のパネルの部分の太陽光発電を兼ね備えた、アート作品?構造物になっていました。風と太陽で作られた電気は、“塔”周辺の演出用照明や、サインボックスの電源として使われているそうです。

まとめ

宇野駅から宇野港周辺にかけては、

以上の8作品を見る事が出来ました。

さらに今回私は事前にチェック出来ていなかったので、写真を撮影する事が出来なかったのですが、駅近くの商店街には、2004年玉野みなと芸術フェスタで制作された壁画が4ヶ所あったりもするそうです。

また『宇野のチヌ』や『船底の記憶②』のある宇野港第一突堤緑地は、非常に広い公園になっていました。

公園内にはこう言った『Welcome to Uno Port OKAYAMA』のオブジェや、

クラゲをイメージした東屋や、

大型客船を停泊させる事が出来る埠頭を閉めるシャッターも、波をイメージしたペイントが施されていて面白かったです。

船をロープで岸に繋ぎ止めておく為のビットもこのようにアート作品になっていました。(緑地公園の様々な場所であなたは、アート作品の鑑賞と、瀬戸内海を行き交う船や、夕日に沈む海を見る事が出来ますよ!

よって宇野駅から宇野港周辺にかけては沢山のアート作品を楽しむ事が出来ます!
あなたも宇野港から小豆島・直島・豊島に船で渡る1時間前から来るか、島からの帰りにこれらの作品を見て楽しまれてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-観光地
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

高松港瀬戸内国際芸術祭2019開催前の注目6作品と駐車料金比較

3年に1回、瀬戸内の島々で開催される瀬戸内国際芸術祭。高松港にある過去の開催時に造られた、現在も展示されている注目の6作品を紹介致します!さらに車で高松港に行く場合の駐車場の料金を比較してみました! …

女木島猫の細道旅2019と瀬戸内国際芸術祭作品巡り滞在わずか1時間

今回私は高松港から北へ4km。フェリーでわずか20分で行く事が出来る鬼ヶ島伝説で有名な女木島に、猫の細道旅と、瀬戸内国際芸術祭の作品巡りの2つ旅を楽しんで参りました! (2019年の今年は3年に1度開 …

坂出番の州公園のアジサイは今が見頃!駐車場・アクセス情報

先日6月22日に坂出の番の州公園にアジサイを見に行って参りました。 区画整備されていた公園内には色とりどりのアジサイが、道沿いに植えられていて、非常にキレイだった事は勿論の事、一部はアジサイロードにな …

鹿の井出水のお花見口コミ|駐車場・ライトアップ・アクセス情報

今回は私は高松市太田のサンフラワー通りにある鹿の井出水にお花見に行って来たので、口コミレビュー致します。 水路沿いに咲いた桜並木は非常にキレイでした。 夜にはライトアップされて、夜桜も楽しむ事が出来ま …

中山ひまわり団地31万本のひまわり|おすすめ撮影スポットは?

まんのう町では、地域の活性の1つとして、町全体で、ひまわりを栽培しています。その1つが中山ひまわり団地です。 その他にも、マルナカまんのう店横にある吉野のひまわり畑と、帆山地区のひまわりの里まんのうが …

【マリアテラス】

ドレシャン専門店 MariaTerrace~マリアテラス~

管理人紹介

【管理人:くりきんとん(男性)】
ギフトは贈る側は選ぶ楽しみと、渡した瞬間に相手が満面の笑みを浮かべながら喜んでくれた時の満足感を味わう事が出来る。2つの楽しみ方がありますよね?ヒトを幸せにしてくれる最強のアイテムが『ギフト』な訳です!
私自身が購入したり、取材をしたりして気になった商品を紹介しています。
>>さらに詳しいプロフィールはこちら