コト体験

大阪難波猫カフェ「ラグドール」|マナーやスタッフ紹介

投稿日:2018年5月27日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

大阪難波にある猫カフェ「ラグドール」に行って参りました。

そこでマナーや猫のスタッフさん達をご紹介致します。

猫好きなあなたや、全国の猫カフェを渡り歩いているあなたや、猫好き彼氏・彼女とのデートスポットの参考情報としてどうぞ!🐈

スポンサーリンク

行き方指南

ラグドールへの行き方なんですが、難波駅から徒歩5分圏内です。
駅東側にある『なんば南海通商店街』入り口を左折してTOWER RECORDに向かって歩きます。

すると『はなまるうどん』がありますので、この角を左折します。

そして30秒程細い路地を歩けば、こちらのシンガポール料理が入っている、

大一ビルの5F(全フロアー)にラグドールはあります。

ビルの入り口にも立て看板があるので、すぐにわかると思います。

システム

店内は土足厳禁なので、入り口正面の靴置き場に自身の靴を置いて、スリッパに履き替えます。

そして受付窓口で名前を書き、確か札のようなものを頂いたような気がします。
料金は後払いです。1時間1,000円(猫のおやつ付き、猫のおもちゃは無料でご利用頂けます。)延長料金は30分400円1時間700円です。荷物の預かり等は一切なかったです。(各自で貴重品等を店内に持ち込んで、管理する必要があります。)

ちなみにお会計を済ませた後にお店を出る時に、こちらのPtカードを頂きました。
5PtでおやつGET!10Pt30分無料延長が可能になります。)

さらに猫を触る前に以下の消毒をスタッフから指示されました。

ハンドソープでしっかりと手洗い
ペーパータオルで水分を拭き取る
アルコール除菌
③に関してはスタッフの方が行ってくれます。)

さらにドリンクの注文を別にします。
コーヒー・紅茶・ラテ・ジンジャーエール・ジュースなど全10種類ありますがALL200円で注文可能です。

そしてカフェ店内で椅子に座ってまっていると、スタッフのお姉さんが、こちらのおやつ(猫用)と、

ドリンクを持って来てくれました。

ラグドールのお店の中はこんな感じで、飲み物を飲むスペースと、猫のスタッフが居るスペースがセパレートではない為に共有です。

よってドリンクのマグカップは、こんな感じで蓋がついていて、蓋の上部取っ手をスライドさせて飲むように工夫されていました。
猫の毛が入らないようにする為の衛生面での配慮です。

ちなみに私はジンジャーエールを注文しました。

後は時間制限内、フラッシュ厳禁で写真を撮影したり、スタッフをモフモフわさわさしたり、

おもちゃで遊んだり、

おやつをあげたりして、まったりと猫ちゃん達とあなたは過ごす事が出来ます。(中には岩合さん並みの、本格的な望遠レンズカメラを片手に、スタッフの猫ちゃんを撮影されている方もおられました。)

ちなみに店内は、受付の斜め奥にトイレが9基設置されていました。

ただ猫がここでトイレタイムの時は、向かい側が店内で、すぐテーブルがあり、すご~く臭いました💦清浄器を置くなどの配慮をして貰いたかったです。

人間様のトイレは、受付横にありました。

スタッフ紹介

ではラグドールのスタッフの紹介に参ります。

アメリカンショートヘア『ネロ』。寝ろ=ネロ?実際に寝ていますね(笑)

こちらもアメショーの『銀』。りりしいお顔立ちです。

こちらはヒマラヤン。名前はラグドールの公式サイトに掲載されていなかったので、わかりませんでした。(新入りのスタッフなのかもしれません。)

メインクーンの『マロ』。
(尻尾がふさふさの毛に覆われていて、体毛の白とは、違った毛色をしている猫ちゃんでした。目の色はタイガーアイのカラーで、エキゾチックな雰囲気のする猫ちゃんでした。)

MIX?『てん』。

お店の名前にもなっているラグドールの『カミーユ』。寄り目がちですよね?

サイベリアンの『シフォン』。もふもふ感を十二分に楽しみたいあなたは是非シフォンさんをなでなでしてあげて下さいねぇ。寛大な彼は、あなたの欲求を快く受け入れてくれると思います。

ロシアンブルーの『ツルゲーネフ』。まさにモンプチに出てくる気品あふれる猫ちゃんです。(モフモフ感とはまた一見違った、しなやかな毛艶感をお楽しみ下さい。)

アメショーの『ゴマ』。少しツンデレの彼でした。

アビシニアンの『ルディ』。少しお疲れ気味?

メインクーンの『せん』。少し恥ずかしがり屋のスタッフさんでした。

この子は、猫種も名前も不明です。ぐーぐーぐー爆睡中です。

こちらはメインクーンの『チョコ』。キジトラ模様でしたが、この子もモフモフ・わさわさ感が半端なく楽しむ事が出来る猫ちゃんでした。

まとめ

以上のように『ラグドール』は、猫ちゃんのトイレタイムの時は、非常に‘臭った’以外は、10畳程の1フロワーの空間に、猫のスタッフが10匹以上居て、沢山モフモフタイムを楽しむ事が出来て良かったです。(非常に癒されました。)

ただ寝ているスタッフを、無理矢理抱いたりするのはやめましょうね。

人間のスタッフのお姉さんも、非常に愛想がよくて、可愛らしい方でした。

営業時間もお昼11:00から夜の22:00までやっていますので、難波でお仕事終わりや、彼氏・彼女とのデートスポットにも使えると思います。

インスタ映えのする可愛い猫の写真を沢山撮影して頂ければと思います♪
猫の聖地-猫カフェ『ラグドール』の私の体験報告でした。

【猫cafeラグドールなんば店】
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前13-6 大一ビル5F
電話:TEL:06-6630-8338
営業時間:12:00~22:00【平日】11:00~22:00【土日祝】
定休日:第3木曜定休

最後まで読んで頂き誠にありがとうございます! 「なるほどなぁ!」「為になった!」「もっと読者の為になるような良い記事を書いてね。」と思われたあなたは、こちらのランキングバナーボタンを”ポッチ“と押して頂ければ非常に助かります。😊

にほんブログ村 その他生活ブログ ギフト・贈り物へ

The following two tabs change content below.

くりきんとん

私自身が貰ったり買ったり、取材したギフト商品を中心に、ブログで紹介しています。 その他、趣味のご朱印集めや、猫カフェや猫スポット巡りなども紹介しています。 ※twitter・インスタやっています。よければ絡んで下さいねぇ!

スポンサードリンク

-, コト体験
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

おかし工房botanは猫好きさんにはたまらない秘境カフェ!

観音寺市粟井町にあるおかし工房botanは噂通り敷地内に沢山の猫達が居る秘境カフェでした。 あいにく私が訪れた日は、事前予約が必要だったか?店内でカフェを楽しむ事ができませんでしたがその代わりにテイク …

牛窓猫スポット巡り(五香宮、妙福寺、牛窓神社)アクセス方法も紹介

日本のエーゲ海とも称されている岡山県瀬戸内市牛窓。 そんな海に面した牛窓には沢山の猫がいます。 そこで猫好きな私は、猫が居ると言われている3つの神社(五香宮、妙福寺、牛窓神社)を巡る旅をして参りました …

大阪市保護猫カフェ森のねこ舎|料金・アクセス・店内雰囲気は?

大阪市東淀川区にある保護猫カフェ「森のねこ舎」に行って参りました。お店の雰囲気・料金・アクセス方法などのまとめです。 一般的な血統書付きの居る猫カフェもいいんですが、どうせなら気に入った猫が居れば里親 …

女木島猫の細道旅2019と瀬戸内国際芸術祭作品巡り滞在わずか1時間

今回私は高松港から北へ4km。フェリーでわずか20分で行く事が出来る鬼ヶ島伝説で有名な女木島に、猫の細道旅と、瀬戸内国際芸術祭の作品巡りの2つ旅を楽しんで参りました! (2019年の今年は3年に1度開 …

徳島市猫スポット大神子海岸の猫達をモフって来たよ!アクセス方法

徳島市内にある猫スポット大神子海岸(おおみこかいがん)の猫達に有って、沢山写真を撮ったり、猫達をモフって来て楽しい時間を過ごす事が出来ました。 そんな大神子海岸の猫達の写真や、アクセス方法などをまとめ …

【アトリエココロ】

管理人紹介

【管理人:くりきんとん(男性)】
ギフトアドバイザーのくりきんとんです。😊 ギフトは贈る側は選ぶ楽しみと、渡した瞬間に相手が満面の笑みを浮かべながら喜んでくれた時の満足感を味わう事が出来る。2つの楽しみ方がありますよね?ヒトを幸せにしてくれる最強のアイテムが『ギフト』な訳です!
私自身が購入したり、取材をしたりして気になった商品を紹介しています。
>>さらに詳しいプロフィールはこちら