サプライズギフト・プレゼント幸せ.com

サプライズギフト・プレゼント幸せ.comでは、誕生日・結婚・出産・定年・クリスマス・バレンタイン・ホワイトデー・父の日・母の日・入学卒業・還暦などの各種お祝い行事に贈って喜ばれる、サプライズギフトやプレゼントをご紹介しています。

水族館

むろと廃校水族館口コミ|ドルフィンセンター同時巡りで2倍お得!

投稿日:2019年2月3日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

高知県室戸市にある『むろと廃校水族館」に行ってきたので口コミレビュー致します。

むろと廃校水族館は、廃校小学校を改装した水族館だけの事はありました!25Mの野外プールにはウミガメやサメが泳いでいたり、2Fには大型水槽が沢山あって、様々な海のお魚達が泳いでいて、非常に楽しかったです!
(家族でのお出かけ・恋人とのデート・高知県東部観光などにぴったりのスポットだと思いました!)

同じ室戸市内にあるドルフィンセンターのコラボチケットを購入すれば、通常価格よりも100円少し安くなります。

同時巡りで楽しさお得さ2倍!2倍!

12月に行けば、海の生き物以外にもあなたは、イルミネーションも楽しむ事が出来ますよ!展示生き物・料金・アクセス方法を、詳しくあなたにご紹介致します。

スポンサーリンク

むろと廃校水族館について

むろと廃校水族館は、2005年に廃校になった旧室戸市立椎名小学校を改修して、2018年4月26日に開館した水族館です。(まだ誕生して1年が経過していません!)
運営は、NPO「日本ウミガメ協議会」が行っています。

海の生物の展示数は、50種類1000匹以上に及びます!
全て地元の室戸市の漁師の定置網にひっかかったり、職員自ら釣った物が殆どを占めています。

料金

料金に関しては、【大人】600円【子供】300円です。

未就学児童は無料
室戸市民は割引になります。

さらに同じ市内にある室戸ドルフィンセンターのコラボチケットを同時に購入すれば、
大人【水族館】600円+【ドルフィンセンター】435円=合計1,035円⇒900円になりました!

施設概要

むろと廃校水族館の1Fが受け付けになります。

【始業】9:00【下校】17:00と、なんと学校さながらの営業時間の表記でした。

移住体験ツアーや、漁師の嫁募集中の案内などもありました💦切実のようです💦

1Fは受付所のみです。こちらで入場チケットを購入する必要があります。

【1F】受付
【2F】水槽、ホール、25Mプール、研修室1/2、授乳室
【3F】資料展示室、理科室、図書室、家庭科教室、研修室3

このような施設構造になっていました。

25M大水槽プール

25Mの大水槽プールへは一旦、2Fへ上がってからでないと行けませんでした。

2Fの階段を上がるとこのように右が水槽の展示場で、左へ行くと野外の水槽プールへ行く事が出来るようになっていました。

野外プールに行く手前の教室は、保健室になっていました。
(水族館とは言え、小学校の造りをそのままうまく活かしている点が非常に面白かったです。)

野外大水槽に到着!

ドアを開けると1Fのプールには、様々な海洋生物が泳いでいました。

2Fの入り口から階段を下りてプールへと向かいました。

プールサイドから中をのぞき込むと、

沢山のウミガメ達がうようよと泳いでいました。

人慣れをしているので、プール際まで寄ってきて、間近でウミガメを見る事が出来ました。

私が撮影したウミガメ動画はこちら

さらにこちらはシュモクザメです。
(頭がハンマーの形になっているのが特徴的なサメです。)

その他に、サバやツバスやカワハギやニシダイなど、瀬戸内海や太平洋の海でもお馴染みの魚たちが、沢山泳いでいました。

一方のこちらのミニプールにも何か泳いでいました。

近づいてみると、こちらのプールには、数匹の金魚が泳いでいました。(淡水魚専用のプールのようです。)

地元の高知海洋高校の生徒さんの皆さんが作られた手作りの長椅子も、プールの周辺にいくつか配置されていました。(椅子に座って、プールで優雅に泳ぐカメたちを眺めるのも素敵だと思います♪)

2F施設

むろと廃校水族館の2Fにある展示施設と、海洋生物たちの、注目の見所を紹介しています。

タッチプール

2Fへの階段を上がって右に曲がると、最初にあるのが『タッチプール』です。

学校の廊下の壁にある手洗い場を利用したプールになっていました。ナマコやヒトデの他に、貝もいました。

実際に指で掴んで触る事が出来るようになっていました。

伊勢エビ?ザリガニ?も居たので、

角に気を付けて、掴んでみました。
(久々に童心に戻って、子供の頃に、近所の川でザリガニ獲りをした事を思い出しました。)

教室

タッチプールを通りすぎると今度は、昔懐かしい教室がありました。
机や椅子がそのままの状態で並べられていました。(すぐに授業が出来る状態でした。笑)

黒板には、何気に水族館の1Fに販売している1回100円くじの宣伝が書かれてあって、面白かったです♬

こちらは実際の小学生のお子さんが書かれた習字の作品です。
「ぶり」や「魚」の文字はわかるんですが、「市場」のお題に、何となく水族館の商魂を感じてしまいました。

さらに机の上には、授業で使う大型の時計や、将棋盤なども置かれていて、より教室感がリアルに再現されていました。

こういった大型そろばんを、あなたも小学生の頃に、授業で先生が黒板の前で使用するのを見ながら、そろばんの使い方を教わった経験があるのではないでしょうか?

教室に差し込む西日を受けて、ノスタルジアさえも感じる事が出来る、むろと廃校水族館の教室でした。

また教室の廊下側には、こちも非常に懐かしい跳び箱が置いてありました。
しかし!よ~く見て見ると、中には金魚が入った水槽が埋め込まれていました!

何と斬新なアイデアなんでしょうか!?

跳び箱も、金魚も、同じく室戸市内にある中学校や小学校から、転入してきたもののようです。

水槽展示ルーム

そしてこちらがむろと廃校水族館の目玉のメインの水槽の展示ルームの数々です。
2フロアーを使って、円形のアクリル水槽が2基あって、その水槽を取り囲むように、沢山の長方形の水槽が設置されていました。
水槽の展示ルームは、非常に立派でした!

こちらはウミガメの居る円形水槽です。

アクリルケースを通じてウミガメ達が、優雅に泳ぐ姿を見る事が出来て、非常に感動しました。

水槽の底の部分を覗くと、大きさはまちまちでしたが、大小様々なウミガメ達が居ました。

そしてこちらはもう1基の円形水槽です。

こちらの水槽にはマンボウ(私は初めて生の泳いでいるお姿を見ました。)、

私が撮影したマンボウの動画はこちら

アカエイ(尻尾の部分には毒があり、刺されると、腫れて強く痛むので注意が必要です。)

私が撮影したアカエイの動画はこちら

その他にも、水槽の底には、ブリ、スギ、セミホウボウなどの、室戸近海に生息している魚達が沢山泳いでいました。

こちらはお馴染みの超高級エビの伊勢エビです。(美味しそうに見えました。笑)

カニはタカアシガニで、足を含めると4M以上にもなる世界最大のカニです。
さらに赤いお魚はユメカサゴです。タカアシガニと同様に水深200~500Mの深い海に住んでいる深海魚です。食べると非常においしいお魚だそうです。

こちらはタカノハダイです。
日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海で多く獲れるタイですが、臭みが強い為に、漁で釣れても捨てる場合が多いため、一般的に流通されていない魚です。(観賞魚としてはぴったりです!)

このナマズウナギのような生物は、ゴンズイと呼ばれるナマズ目の生物です。
岩礁や防波堤で集団で群れる習性があり、背びれと胸びれに毒を持つ棘があり、刺されると激痛に襲われるので注意が必要です。ただし棘さえ取り除けば、非常に美味しいお魚だそうです。

こちらは非常に見た目が鮮やかな、カゴカキダイです。観賞魚としても非常に人気があるお魚です。

私が撮影したカゴカキダイの動画はこちら

そしてこちらは‘海のギャング‘と呼ばれているトラウツボです。

こちらはクロメジナです。
一般的なメジナに比べてクロメジナは、尾びれが長いのが特徴です。
(こちらも水槽の中で沢山の数のクロメジナが泳いでいて、圧巻の迫力でした。)

私が撮影したクロメジナの動画はこちら

こちらは先ほどの横しま模様のカゴカキダイとは違って、縦縞模様のロクセンスズメダイです。ロクセンスズメダイも、食用から鑑賞用としても非常に人気のあるお魚です。沖縄の海ではごく普通に見られる魚です。

私が撮影したロクセンスズメダイの動画はこちら

こちらは食用でもお馴染みのフグです。日本では130種類ものフグが生息しているそうです。
神経毒で死ぬ恐れもありますが、食べると非常においしいので、日本人にとっては、秋・冬の味覚としてやめられない猛毒魚です。(こうして見ると、フグも非常に可愛い生き物ですよね?)

私が撮影したフグの動画はこちら

こちらはカスザメです。
身体はエイの形をしていますが、サメの仲間だそうです。顔つきと尻尾が、鮫に何となく似ていますよね?

こちらはカミナリイカです。5kgまで成長するようです。
(つぶらな目が非常に可愛いですよね?何だか細長いヤドカリにも見えます。)

私が撮影したカミナリイカの動画はこちら

3F施設

そして最後はむろと廃校水族館の3Fの施設内容となります。

2F~3Fへと上がる階段の壁や踊り場などには、

ウミガメの標本が展示されていました。

こちらはいわゆるフィギュアですね。

そして3Fの廊下です。

廊下沿いに並べられた教室机の上には、このようにホルマリン漬けされた、海の生物たちの標本が沢山展示されていました。

家庭科室

こちらは家庭科室です。

こちらの教室では、地元で獲れたお魚のさばき体験などが行われているようです。(まさに地域のコミュニティーセンターの役割を果たしている施設と言えます!)

準備室

こちらは準備室です。

いわゆる骨格標本が置いてある部屋でした。(いきなり骸骨君がお出迎えしてくれました。)

こちらはミンククジラの標本です。(頭の部分かなぁ?)

ウミガメの骨格標本です。
(こうしてみると手足の指?ヒレ?が非常に長い海洋生物である事がわかります。)

鳥が羽を広げたような標本は、ツバクロエイです。なんだかジュディウォングさんの衣装のようにも見えます。(笑)

理科室

準備室と繋がってあったのが理科室です。

黒板の理科の文字や、カメやサメの絵文字も非常に可愛らしかったです。😊

理科室にも水槽が展示されていて、ニジマス達が泳いでいました。

理科室らしく、小学校5、6年生の教科書が、実験台の上に、置かれていました。

懐かしいガスの元栓。

二股水道。

イセエビや、

タイワンガザミの立派な標本も展示されていました。

こちらはオオホモラと呼ばれる、水深600m付近に生息するカニの一種です。

理科室の実験台の上にも、沢山のホルマリン漬けされた、海の生き物の標本が展示されていました。

図書室

最後は図書室です。

本棚の上に乗っている骨格標本は、大型の鳥(恐竜)でしょうか?

勿論展示されていたのは、魚に関係した本ばかりでした!
貸出は行っていませんよ!(笑)

教室机の上にも、雰囲気を醸し出す為に、何冊かの本が置かれていました。

何と、これら全ての本は、隣の廃校小学校から譲り受けたものだったんですね。
(しかも本校の図書室の本は、白アリに食べられてしまっただなんて、残念です💦)

図書室にも2Fの廊下に展示されていた跳び箱があり、こちらも水槽が埋め込まれていました。

中には金魚が3匹泳いでいました。(オレンジ・黒出目金・白の可愛らしい金魚達でした!)

反対側はなんと本箱になっていました。
(はだしのゲンと、釣り吉三平の文庫本が中に入っていました。)

その他に、地引網の模型が置いてありました。(こんな風に、海の中で網を張って漁業をするんですねー。少しだけ感動しました。)

金魚の手洗い場水槽

図書室の前の廊下の壁には、手洗い場を上手に活用した、金魚の水槽がありました。ちゃんと、ホースの上から小さい水が流れていて、水の循環と、空気が送られていました。)

沢山の可愛いらしい金魚たちを、

間近に見る事が出来て、心が和みました。
金魚すくいはできませんよ。笑)

私が撮影した金魚の動画はこちら

アクセス

むろと廃校水族館は、室戸世界ジオパークから、

国道55号線を使って、徳島方面に約5分程走った場所にあります。
(国道沿いにこの看板がありますので、すぐにわかると思います。)

看板を左折すると、

クジラや漁船のオブジェなどもありました。

こちらが駐車場です。30台程の車を停める事が出来る広さでした。

大阪から高速バス約6時間(なんば発徳島バス室戸行き)
高知龍馬空港から車で1時間40分
東部交通バス・安芸甲浦線「むろと廃校水族館前」バス停から徒歩1分

まとめ

以上のようにむろと廃校水族館は、廃校になった小学校を上手にリノベーションをして、25Mの野外プール・タッチプール・水槽では、室戸の地元の海で獲れたお魚や亀たちを見て・触れて楽しんだり、理科室・図書館では、海洋生物に関する標本や本を見たりして、お魚に関する造詣を深めたりする事が出来て、非常に見ごたえがありました!
(むろと水族館に行く前は、「施設や展示生物自体、たいしたことがないだぁろぉ!」と思っていたので、はっきり言って、良い意味で裏切られた感じでした。😊)

また昔懐かしい小学校の教室風景が再現されていて、こちらも良かったです。

あなたも家族旅行・恋人とのデート・室戸観光・車のドライブ・バイクツーリングなどの際に、むろと廃校水族館に行かれてみてはいかがでしょうか?

室戸ドルフィンセンターとコラボチケットを購入すれば、多少安くなりますよ!

大人【水族館】600円+【ドルフィンセンター】435円=合計1,035円⇒900円100円少し安くなります。
【中学生】700円【小学生】600円になります。)

是非、廃校水族館と、ドルフィンセンター巡りで、あなたと、あなたの大切な方との楽しい思い出を作って頂ければ幸いです。

なおコラボチケットは、むろと廃校水族館では販売されていないので、ドルフィンセンターで購入する形となります。
よってドルフィンセンターでイルカを見て廃校水族館へ行く流れとなります。

【むろと廃校水族館情報】
[住所]高知県室戸市室戸岬町533-2
[TEL]0887-22-0815
[時間]9:00~18:00(10月~3月は9:00~17:00)年中無休
[料金]高校生以上:600円/小・中学生:300円
小学生未満は無料
室戸市民は割引があります。
[駐車場]車30台・バス2台
>>公式Twitterはこちら

スポンサードリンク

-水族館
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

室戸ドルフィンセンターはイルカと触れ合い以外に猫にも会えるよ♪

今回私は室戸ドルフィンセンターにお邪魔して、イルカに触ったり、写真を撮ったりした以外にも、看板猫にも会う事が出来、非常に楽しくて貴重な体験をする事が出来て大満足でした。センターに関する口コミレビューを …

新屋島水族館イルカショーやマナティが見れた!楽しみ方ナビ

今回私は何十年かぶりに新屋島水族館に行って、イルカショーや、マナティや、アザラシなどの沢山の海の生物達を見て来ました。 こじんまりとした水族館の割には、130種類近くもの海の生き物達が飼育されているの …

四国水族館行って来た!見所・料金・駐車場・アクセス知っとこ情報

2020年3月開業の四国最大級の四国水族館が香川県宇多津町にOPENします。 そこで先日私も、現在建物の工事が進行中の建設現場に行って参りました。 今から行きたくてうずうずしているあなたに、四国水族館 …

渋川水族館の入場料は大人500円!見所や駐車場やランチ情報をフォーカス!

今回私は、渋川海水浴場で有名な岡山県玉野市にある渋川水族館(正式名称は渋川マリン水族館)に行って参りました!非常に小さな水族館ですが、入場料は何と大人500円、中学生未満の子供は250円!よって、非常 …

【マリアテラス】

ドレシャン専門店 MariaTerrace~マリアテラス~

管理人紹介

【管理人:くりきんとん(男性)】
ギフトは贈る側は選ぶ楽しみと、渡した瞬間に相手が満面の笑みを浮かべながら喜んでくれた時の満足感を味わう事が出来る。2つの楽しみ方がありますよね?ヒトを幸せにしてくれる最強のアイテムが『ギフト』な訳です!
私自身が購入したり、取材をしたりして気になった商品を紹介しています。
>>さらに詳しいプロフィールはこちら