サプライズギフト・プレゼント幸せ.com

サプライズギフト・プレゼント幸せ.comでは、誕生日・結婚・出産・定年・クリスマス・バレンタイン・ホワイトデー・父の日・母の日・入学卒業・還暦などの各種お祝い行事に贈って喜ばれる、サプライズギフトやプレゼントをご紹介しています。

北灘海の駅のなる駅長の後任は黒猫ぐっさんかも!?

投稿日:2019年1月1日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

今回2年半ぶりに立ち寄った徳島県鳴門市にある北灘海の駅で、ぐっさんと呼ばれる黒猫が飼われていました。

北灘海の駅と言えばなる駅長で一躍有名になった海の駅です。

ひょっとしたらぐっさんは、なる駅長の後任になるかもしれません。注視したいと思います。

そんな北灘海の駅・なる駅長・ぐっさんについて、ご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

北灘海の駅について

北灘海の駅は、高松と徳島を繋ぐ11号線沿いの鳴門市にある海の駅です。

産直の直売所と食堂があって、

さかな市には、鳴門の新鮮な魚介類、干物、鳴門金時などの直産品と、お土産が販売されています。

一方の漁協食堂うずしおでは、新鮮な地魚を使用した美味しい漁師料理(シラス丼、ハマチの刺身定食・海鮮焼きセット)を食べる事が出来ます。
(地元では新鮮でおいしい海鮮料理を食べる事が出来ると、評判の食堂です。)

それもそのはずです。北灘海の駅は『JF北灘(北灘漁業協同組合)』が運営しているからです。

さらに海の駅のすぐ隣には、漁港や海があって、とれたての新鮮な海産物を、あなたは食堂で食べる事が出来ますよー!

駅長なるについて

そんな北灘海の駅で駅長を務めていたのがなるです。

以前2016年の4月に私が海の駅を訪れた時は、なる駅長は不在でした。

そこで今回2018年12月に再度鳴門のイルミネーションを見に行くついでに海の駅に立ち寄って、なる駅長に会ってみようと思い、再び海の駅に行ってみましたが、非常に残念な事にお亡くなりになられていました。
亡くなった事は、行く前に調べていたので、その情報は事前に掴んでいました。)

一度も会う事が出来なかった駅長なる。
そんななるは、2015年9月2日に、漁協の堤防でガリガリにやせ細った状態で発見された元野良猫です。

その後、職員の懸命なお世話や病院での診療によって元気を取り戻し、体重も2kg→6.5kgにまで回復して、鳴門の猫と言う事で、「なる」と呼ばれ、海の駅の看板猫になりました。
人なつっこい性格から、2016年3月1日には、水産事業の振興と発展の為、駅長として任命証が交付されて、正式に駅長となりました。
しかし2017年11月頃に体調を崩して、懸命な治療が施されましたが、その甲斐もなく、2018年1月23日に永眠したニャンコです。

2年間にも満たない非常に短い期間ではありましたが、駅長業務の功績をたたえて、生前「なる」がお気に入りだった場所に、石碑が建立されていました。

花も添えられていましたので、今でもなるは、海の駅で皆に愛されているのでしょうね?きっと。
(猫のマントを羽織って、首には蝶々ネクタイを締めて、非常に愛らしくて、愛嬌のある石像でした。私は写真を撮影するのが一生懸命で、なでなでしてあげるのを忘れてしまいました。💦)

ぐっさんについて

ぐっさんは、水槽のあるの方向の、

なる駅長の石像の横に居ました。

発砲スチロールの穴の中を覗くと、猫がいました。

その横には『ぐっさんの部屋』と書かれた段ボールもありました。

発砲スチロールの蓋を勝手に開ける訳にはいかないので、海の駅で働いている人にちゃんと断った上で、開けました!
すると黒猫が中に1匹いました。

これがぐっさんかぁ!

ツキノワグマのように首元に白い毛が混じった模様のあるニャンコでした。

首輪もつけられていたので、正式に北灘海の駅で飼われている模様です。
(ただしスタッフの方が私がぐっさんの写真を撮影している最中に、「大分、弱ってきているやろぁ?」と言ってきました。
確かに身体を触るとごつごつとして骨ばった感じで、あまり若くて元気な猫ではない感じでした。)

今後彼がなる駅長の後任になるのかどうか?現段階では、わかりませんが、また次に私が北灘の海の駅に行った時には再会したいので、この先ずっと元気に居て欲しいと思いました!
(写真は、海の駅の案内所に飾られていた、猫の置物です。まさに黒猫ぐっさんです。)

黒猫ぐっさんを私が撮影した動画はこちら

あなたも、北灘海の駅に行ってぐっさんに会うのであれば、もし寝ていた場合には、無理やり起こしたりはしないようにしましょう!さらに発砲スチロールのお家の中に居るようであれば、ちゃんと私のように、定員の方に断った上で、蓋を開けるようにしましょうね!(最低限度のマナーは守るようにしましょう!)

【北灘海の駅情報】
[住所]徳島県鳴門市北灘町宿毛谷字相ヶ谷23
[TEL]088-683-8137
[営業時間][さかな市]09:00~17:00[食堂うずしお]平日/10:00~16:00(ラストオーダー)土曜日・日曜日・祝日/10:00~20:00(ラストオーダー)年中無休

スポンサードリンク

-
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

伊吹島の猫の細道旅2019|イリコとアートの島情報

今回私は観音寺市の沖合に浮かぶイリコとアートの島に、猫を求めて旅をして参りました! そんな伊吹島は、猫以外にも、2019年の瀬戸内国際芸術祭の舞台にもなっている島なので、アート作品や、観光スポット。さ …

さんじゅーろーに会いに備中松山城へ行ってきた!見所行き方ナビ

【城主初】岡山県高梁市にある備中松山城のお殿様はなんと猫なんです!その名前は「さんじゅーろー」。そんなさんじゅーろーに会いに備中松山城へ行って来ました。しかも高梁駅から臥牛山の小松山にあるお城まで徒歩 …

岡山市内看板猫の居る古民家カフェゆすらうめでコーヒー飲んだよ!

今回私は岡山市内にある看板猫の居る古民家カフェ&バー『ゆすらうめ』でスペシャルコーヒーを飲みました! コーヒーを飲みながらマスターとおしゃべりをしたり、4匹の猫と遊んだりして、一般的な猫カフェ …

佐柳島の飛び猫撮影方法|アクセス・喫茶ネコノシマコーヒーの紹介

動物写真家の五十嵐 健太さんの『飛び猫』で一躍有名になった佐柳島。私も飛び猫撮影に挑戦してみました!(猫の写真家として非常に有名な岩合光昭さんも、「世界ネコ歩き 瀬戸内編」で、佐柳島を訪れています。) …

女木島猫の細道旅2019と瀬戸内国際芸術祭作品巡り滞在わずか1時間

今回私は高松港から北へ4km。フェリーでわずか20分で行く事が出来る鬼ヶ島伝説で有名な女木島に、猫の細道旅と、瀬戸内国際芸術祭の作品巡りの2つ旅を楽しんで参りました! (2019年の今年は3年に1度開 …

【マリアテラス】

ドレシャン専門店 MariaTerrace~マリアテラス~

管理人紹介

【管理人:くりきんとん(男性)】
ギフトは贈る側は選ぶ楽しみと、渡した瞬間に相手が満面の笑みを浮かべながら喜んでくれた時の満足感を味わう事が出来る。2つの楽しみ方がありますよね?ヒトを幸せにしてくれる最強のアイテムが『ギフト』な訳です!
私自身が購入したり、取材をしたりして気になった商品を紹介しています。
>>さらに詳しいプロフィールはこちら